PR

イージスシステム再現計画 #1 初投稿!


https://scratch.mit.edu/projects/292728206/
イージスイメージ ver1.00 

イージスシステムを作ってみました。
現段階では、CIWS(ファランクス)を実装しています。
自作のイージスシステムが接近するミサイルを自動で捕捉し、CIWSで撃墜します。

{各種説明}
赤い円は現在の補足範囲です。
[Option]
hide mode→防御率のグラフと補足マップの切り替え
hide graph data→グラフの表示サイズの切り替え
sound→音量
clone amt→ミサイルが出現する間隔(秒)

今後のUpdate予定は、こちらをご覧ください。
[PR]

イージスシステム再現プロジェクトの計画

どうも。
これは自分のメモ程度のものなので気にしないでください。

優先度順にメモ( ..)φメモメモ
① 対ミサイル砲の弾が当たった時の爆発エフェクト
② ミサイル補足時のエフェクト
③ UI追加
④ レーザー兵器追加
⑤ サウンド追加
    →・対ミサイル砲 ・BGM ・海の音 ・ミサイル ・補足中の音 ・補足完了音
⑥ 縮尺機能追加
⑦ レーダー再現エフェクト
⑧ 立体描写に変更
[PR]

たまに起きる文字が挿入されない問題 [解決法]

 どうも。
たまにキーボードを使って文字を書いていると、文章を挿入しようとしたときにあとの文章が消えてしまうことってありますよね。
1200px-Insertpad.png 
それの解決方法をメモしときます。(忘れやすいので)

まあ、上の図の通り、Insertキーを押せばいいだけです。
簡単でしょ。(強引)


じゃあ、なんでそんな機能があるんだ?
そう思ってググってみました。




調べてみると、たとえば、枠内を多く扱うツール
(エクセルとか)で、いちいち数字とかを削除する動作がなくなるから、便利だよね?っていうことらしいです。

 
まあ説明下手なので、このサイトも見てみてください。(適当)
[PR]

[Small Basic]日記 ♯3 Basicを勉強するときに使っているサイト

最近、レスケのぶろぐと検索しようとすると「てれすけ」が一番上に出てきます。
20160227_1433945.jpg 
どうも、れすけです。


て、僕がSmallBasicを勉強するときに、いつもお世話になっているのがこのサイト。
プログラミングとゲームの杜です。

このサイトには、SmallBasic、Scratch、Processing、C♯など、いろいろな言語の入門サイトになっています!
初めてプログラミングをするという方にぴったりのサイトです。
是非とも使ってみてください。


あ、サイトはこちら。

[PR]

[Small Basic]日記 ♯2 穴埋め計算ドリルを作ってみた

今回は、穴埋め計算ドリルを作ってみました。

2019-02-24_11h10_05.png

[プログラム]





TextWindow.Title = "穴埋め計算ドリル"
again:
TextWindow.WriteLine("穴埋め計算ドリルを始めます。")
TextWindow.WriteLine("?の部分の数を入力してください。")
TextWindow.CursorTop = TextWindow.CursorTop +1
seikai = 0
For i= 1 To 10
  '問題の作成
  aa = Math.GetRandomNumber(9)
  bb = Math.GetRandomNumber(9)
  cc = aa+bb
  
  '穴埋めする場所を乱数で決める
  rnd = Math.GetRandomNumber(3)
  If rnd = 1 Then
    TextWindow.Write("?"+" + "+bb+" = "+cc)
    ans = aa
  ElseIf rnd = 2 Then
    TextWindow.Write(aa+" + "+"?"+" = "+cc)
    ans = bb
  Else
    TextWindow.Write(aa+" + "+bb+" = "+"?")
    ans = cc
    
    
  EndIf
  
  '答えの入力
  TextWindow.CursorLeft = 14
  TextWindow.Write("? = ")
  'TextWindow.WriteLine("debag: "+ans)
  imput = TextWindow.ReadNumber()
  
  '正解、不正解を表示
  TextWindow.CursorLeft = 24  
  TextWindow.CursorTop = TextWindow.CursorTop -1
  If ans = imput Then
    TextWindow.ForegroundColor = "green"
    TextWindow.WriteLine("正解")
    seikai = seikai+1
  Else
    TextWindow.ForegroundColor = "red"
    TextWindow.WriteLine("×")
  Endif 
  TextWindow.ForegroundColor = "gray"
EndFor
TextWindow.CursorTop = TextWindow.CursorTop +1
TextWindow.WriteLine(seikai+"問正解です")
Program.Delay(2000)
QA:
TextWindow.CursorTop = TextWindow.CursorTop +2
TextWindow.WriteLine("もう一度行う場合はagainと入力してください。終了したい場合はendと入力してください。")
TextWindow.Write("⇒")
answer = TextWindow.Read()
Program.Delay(100)
If answer = "again" Then
  TextWindow.Clear()
  Goto again
ElseIf answer = "end" then
  
Else
  Sound.PlayBellRing()
  TextWindow.Clear()
  Goto QA
EndIf

[PR]

[Small Basic]日記 ♯1.5 ElseIfを使ってみた

 前回作った数あてゲームを、ElseIfが使えるようにまた改造してみました。


2019-02-24_08h34_09.png
拡大


テキストはこちら。



TextWindow.Title = "数あてゲーム(1-100)"
TextWindow.WriteLine("時間:"+Clock.Time)

game_again:
'乱数を設定
rnd = Math.GetRandomNumber(100)

'デバッグ無効化中
'TextWindow.WriteLine("デバッグ用:"+rnd)

again:
'プレイヤーの入力
TextWindow.ForegroundColor = "Gray"
TextWindow.WriteLine("予想する数を書いてください。")
number = TextWindow.ReadNumber()
TextWindow.WriteLine("入力した数は "+number+" です")

'正解か確認
TextWindow.ForegroundColor = "Green"
  If rnd < number Then
    TextWindow.WriteLine("それよりも小さいですね。")
    Goto again
    Endif
    
  If rnd > number Then
    TextWindow.WriteLine("それよりも大きいですね。")
    Goto again
    EndIf
    If rnd = number Then 
    TextWindow.ForegroundColor = "Magenta" 
    TextWindow.WriteLine("正解!おめでとう!")
  EndIf
'再プレイ確認
yes_no:
TextWindow.WriteLine("もう一度プレイする場合は、「YES」を入力してください。終了したい場合は、NOを入力してください。")
answer = TextWindow.Read()
If answer = "YES" Then
  TextWindow.ForegroundColor = "Gray"
  Goto game_again
ElseIf answer = "NO" Then
    
  Else
    Goto yes_no
  EndIf


あと前回プレイ画像を載せてなかったので載せときます。







2019-02-24_08h42_53.png


[PR]

[Small Basic]日記 ♯1

数あてゲームを作ってみました。
初めてのSmall Basicでしたが改造までうまくできたので良かったです!
[作ったプログラム]


2019-02-24_00h47_51.png 





1から100までで数を当てます。
[PR]

500円から受け取れるおススメ初心者向けアフィリエイト

 ◆ 忍者AdMaxとは
"忍者AdMax(ニンジャアドマックス)"とは忍者ツールズ株式会社が提供するSSP(Supply Side Platform)です。
簡単に言うと「単価の高い広告を自動で選択して配信してくれるアフィリエイト広告」のようなサービスです。
忍者ツールズに1度登録すれば"忍者AdMax"の他にも"忍者アクセス解析"や"忍者画像RSS"等のサービスも同時に使え、効率よくサイト運営ができます。
◆ 広告の配信がとにかく簡単
"忍者AdMax"の管理画面からサイトを登録するとすぐに広告タグ(サイトに広告を表示させるためのHTMLタグ)が発行されるので、
それをサイトに貼り付けるだけで最適な広告が自動的に表示されます。
他のアフィリエイト広告と併用して利用することも可能で、サイト全体の収益の底上げとしても期待できます。
とにかく配信が簡単なため、他社の審査が審査が下りるまでの繋ぎや、契約が解除された際の代替のような緊急な場面でもすぐに使えるのが魅力です。
◆ 表示報酬型の広告も
"忍者AdMax"から配信される広告は、一般的な「クリック報酬型」以外にも「表示報酬型」の広告が配信されることがあります。
一定のPVがあれば、クリックされなくても報酬が入ってくるので効率的に報酬を稼ぐことができます。
タグさえ設置しておけばこれらの広告をそのサイトに合わせて自動で選択して配信してくれるので、一回貼り付ければ後は放置しておくだけで報酬が得られます。
◆ 報酬の受け取り方が簡単
"忍者AdMax"の収益は当月分が翌月の15日頃に確定されます。
確定された収益 は忍者ポイントで支払われ、現金かPexに交換することができます。
最低支払額は500円〜と他所と比べても良心的なハードルなので、アフィリエイト初心者の方でもすぐに稼げいでる実感を得られます。
◆ 掲載できるサイトが幅広い
他社広告サービスでは、配信できるサイトの基準が厳しいところもありますが、"忍者AdMax"は2chまとめサイトやアンテナサイト、アダルトサイトなどでも利用できます。
突然の広告停止を恐れる必要がないため、安心してサイト運営に集中することができます。
"忍者AdMax"は「アフィリエイト初心者に非常に優しいサービス」です。
難しい設定などはすべて自動で行われ、管理画面からの確認も非常に見やすく迷うところがありません。
登録から配信まで5分程度でできるので、まずは登録して試してみてください。
公式サイトはこちら





[PR]
[PR]
検索フォーム
ランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Ninja