「ダイヤ鑑定AI」ができたってよ!

こんにちは!レスケです!
ニュースを見ていると、なんと「ダイヤ鑑定AI」ができたという記事を見つけました。


gahag-0055013779.jpg




●人間よりも高い精度を誇る「ダイヤモンド鑑定AI」
 宝飾品店チェーンを展開するケイ・ウノは、2018年4月20日にAIが鑑定したダイヤモンドの販売を始めた。このダイヤモンドには、宝石鑑定の専門機関である中央宝石研究所が発行する鑑定書のほかに、イスラエルにあるダイヤモンド鑑定システム大手のサリネ・テクノロジーが発行する紙とデジタル鑑定書「Sarine Profile(サリネプロファイル)」を発行する。サリネプロファイルはスマートフォンやタブレットで確認できる。
 ケイ・ウノでは、サリネ・テクノロジーの代理店であるAPと協力し、2017年4月にサリネプロファイルを導入した。他の製品との色の比較や、ダイヤモンドを360度回転して見ることができる「3Dルーペ」、内包物の詳細な位置を示す機能など、デジタルならではの見せ方が特徴だ。
 AIによるダイヤモンドの鑑定は、サリネ・テクノロジーの研究所「Sarine Diamond Lab」で行われている。鑑定の対象となるのは主に色と透明性の2つで、画像解析によって判定が行われる。「国や地域、個人によって鑑定結果が異なるケースがあることから、安定した鑑定が求められていた」(AP 経営戦略室 室長 伊藤拓也氏)という。サリネ・テクノロジーの検証によると、鑑定士とAIによる鑑定の誤判断率は、透明度においては鑑定士が7%で、AIが3%だったと発表しており、精度においてはAIが人間を上回るようだ。
 このAIの教師データ(正解の基準となるデータ)は鑑定士の判定だ。サンプル数は約1万5000件とのことだが、1人の人間が行ったのでは偏りが生じるため、同じサンプルに対して複数人で鑑定を行い、意見が割れたものに対しては「平均値をとった」(伊藤氏)という。複数人のノウハウを合体させることで、AIの判断に客観性を持たせる――いわば“合議制”のようなシステムといえるだろう。
                                                          ITmedia エンタープライズより引用



要するに、ダイヤの鑑定でもAIが人間に勝っちゃった!ということですね。(適当)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

レスケ

Author:レスケ
レスケブログへようこそ!
レスケです。
プログラミング言語Scratch攻略などをしています!
たまに独り言があるかもです!
相互リンク募集してます!
お願いします!

クリックお願いします(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
マイクラの人気ブログまとめ ならミネクラ!

月別アーカイブ

PR

お願いします!

ちょっとポチっとしてくれるだけで励みになります!

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
2272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
457位
アクセスランキングを見る>>

現在のページ滞在人数

現在の閲覧者数:

このページに来た人総計

IT記事

ascii.jpのレスケが選んだ最新記事一覧。
ページの先頭へ戻る