PR

プログラミング言語「Scratch」のデメリット

こんにちは。レスケです。

今回は、Scratchを活用するときに注意すべきデメリットを取り上げました。
ご存知の通りScratchは小学生からでも始められるとても手軽な言語です。
ですが、デメリットもあります。


目次


1、 Scratchから本格的な言語に移れない
2、 拡張性がない

3、 まとめ










1”Scratchから本格的な言語に移れない”


なぜかというと、子供からするとScratchは他の言語よりも使いやすいからです。

なので、できる限りbasicなどが良いです。







2、拡張性がない


これは、「LEGOwido や raspberrypi とかあるじゃん!」と思うかもしれませんが、

実際わざわざ普通の人は買わないので、意味がないと思います。

また、Basicなどよりもできることが少ないです。



まとめ
今回紹介したように、Scratchにはデメリットがありますが、絶対やるなと言っているわけではありません。

むしろやったほうが絶対良いです。

その証拠に、私は三年間Scratchをやって765人のフォロワーがいます。

Scratchはできることは少ないですが、プログラミングというのがどういうものなのか。

ゲームをどんなふうに作るのか。などいろいろ分かります。

だから、プログラミングに触れたことがない人は、まずやってみてください。

Scratchでわからないことがあれば、なんでも教えます。

一緒に頑張っていきましょう!
関連記事
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

[PR]
検索フォーム
ランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Ninja